アイドルエロ画像まとめ@女子っ娘倶楽部
AKB48や旬のロリ系アイドル&Hな美女グラドルのエロ可愛すぎるグラビア画像を厳選!大量まとめ!

アイドルエロ画像まとめ@女子っ娘倶楽部

↓2021発売の注目動画はコレだ!

「亜沢光」のサンプル画像です
「新井ひいな」のサンプル画像です
泉舞子

ぱるる.jp管理人が厳選した神エロ記事リスト(゚∀゚)!!!!!

ぱるる.jp@女子っ娘倶楽部 TOP  >  ▼ジャンル別画像  >  【画像】-エロ漫画 >  国民的な高校囲碁部のエース男子生徒の性的言いなりにされた人妻美人教師 漫画『破滅の一手』

国民的な高校囲碁部のエース男子生徒の性的言いなりにされた人妻美人教師 漫画『破滅の一手』

『破滅の一手3』 同人誌のサンプル画像です

▼33歳の人妻美人教師の苦悩

 とある高校に勤務する33歳の超美女教師と、教え子で囲碁界期待のホープと目される神童である男子生徒との性的主従関係を描写した人気シリーズ漫画『破滅の一手』シリーズ第3巻がリリースしました。

 シリーズ3作目までのあらすじをざっくりと要約します。

 とある高校に勤める33歳の美しい人妻女教師が、顧問を務める囲碁部には全国に名を轟かせる囲碁界期待のホープと呼ばれる男子生徒が在籍しています。

 高校囲碁の全国大会でも連戦連勝、この高校始まって以来の全国大会制覇を達成した男子生徒で、学校や地域からも注目を集めていた。

 そんな男子生徒が、美人教師が顧問を勤め始めてまもなく、部を辞めると学校に申告した。学校中が大騒ぎとなり、事態の収拾に校長を始め、学校や地域の偉い人までもが動こうとしていた。

 その中でやり玉にあげられたのが顧問の美人教師だった。校長らは彼女に、男子生徒の退部を取り下げるために、彼の好きなように部活動させるよう助言した。すなわち、男子生徒を頂点とした主従関係を迫られた美人教師。

 男子生徒の説得を試みた美人教師だが、案の定、年頃の男子生徒ゆえ肉体関係を求められた。美人教師には夫もいる。簡単には生徒と性的関係にはなれなかった。

 だが、このまま彼を部に引き留められなければ、自分の立場が危うくなると感じた女教師は、限定的にだが男子生徒の要望を受け入れ、彼と禁断のSEXをさせられました。

 ここまでが概ね、1巻と2巻のあらすじとなります。前作から読みたい方は下記リンクより視聴ページへ移動して下さい。

1巻を読む


2巻を読む


 いよいよ第3巻のストーリーに突入します。過去2作で男子生徒によって、凄まじい性感開発を強いられてきた美人教師は、理性では抑えられない快感を彼とのSEXで感じてしまうようになっていった。

 学校内での性的支配では満足しなくなった男子生徒から、膣内とクリトリスを激しく刺激するリモートバイブを装着させられた美人教師は、そのまま電車に乗るよう指示されて、電車内でバイブ責めされるという恥辱を受けてしまいます。

 これ以上堕落させられたら、夫にも申し訳ないと自分を責めるようになっていく美人教師。そんな彼女は、ある時決意して男子生徒に「この辺りで性的主従関係は終わりにして欲しい」と懇願します。

 すると男子生徒は一つの勝負を提案します。昼休みの時間中、美人教師は無抵抗の状態で、男子生徒の全力の性感マッサージやSEXを受け続けて、イクことなく耐え抜けば関係を解消してやると約束してくれた。

 果たして、美人教師は男子生徒の責めに耐え続ける事ができるのでしょうか?続きは漫画本編でお楽しみ下さい。

最新3巻を読む

作品名

破滅の一手3/多摩豪

【多摩豪氏の過去作品記事を見る】




▼DMMアダルト動画ランキング(自動更新)
▼最新の人気エロ漫画はコチラ!(自動更新) ▼話題の人気同人誌ランキング(自動更新)

▼DUGAの人気口リ動画特集! DUGAの美少女動画バナーです DUGAのバナー


この下からが本記事の続きです!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『破滅の一手3』 同人誌のサンプル画像です『破滅の一手3』 同人誌のサンプル画像です『破滅の一手3』 同人誌のサンプル画像です『破滅の一手3』 同人誌のサンプル画像です

▼「破滅の一手」1巻はコチラ↓

『破滅の一手1』 同人誌のサンプル画像です

▼「破滅の一手」2巻はコチラ↓

『破滅の一手1』 同人誌のサンプル画像です
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
関連ワードから記事を探す
女子っ娘☆人気記事
プロフィール

hiroko♀

Author:hiroko♀
個人の趣味ブログです☆
ネットで拾った画像をペタペタと貼っています。

画像の削除依頼は、下記「相互リンクについて」記事ページのコメント欄でお知らせ下さい。

相互リンクして下さっている管理人のみなさま、ありがとうございます。アクセス数は毎日見ております。記事紹介などで少しずつお返しさせて頂きます!

相互リンクについて